calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

楽天

amazon

GWの秋葉原に買い出し

0
     先日4/26のブログでお伝えした通り、USBメモリを人的原因で破損してしまったため、秋葉原に買い出しに行くことになりました。

     おりしもゴールデンウィークの真っ只中。
     秋葉原は、それはそれは混雑した様子でした。

     道路は歩行者天国になり、道の真ん中で撮影会や、どこかのアイドルのDVDイベントなどが行われていました。

     私は、秋葉原に10時頃に到着しましたが、実は秋葉原の町が目覚めるのは11時からなのです。
     どこの店も11時〜11時半からの開店になるため、10時頃ではどこの店も開いていませんでした。

     予め、購入予定の商品をインターネット上で値段を調べてありましたので、それと比較しながら買うことにします。
     開店までしばらく時間があったので、うろうろしていました。
     あちこちで、人の列が見られますが、並んでいる人たちはどうもPCパーツ関連ではなくアイドルのDVDなどの列のようです。

     事前にWebで調べてはありましたが、特に先着特売で欲しいものは無かったので、7〜8人の人の列が出来ていたTUKUMO eX. にとりあえず並んで見ることにします。
     そして、手に入れたのがこの5%割引券です。

    tukumo5p
    PCパーツが終日5%引きになる割引券。1万円で500円の割引ですね。

     この割引券は、後ほど活躍することになりました。

     難易度:下 楽しい
     最終的に、購入したのは以下の2点です。
    ・4980円:1GB USBメモリ (GH-UFD1GTB)
    ・9006円:250GB HDD ATA (HDT722525DLAT80)


    ●大容量が安くなったUSBメモリ
     私が以前使用していたのは、128MBのUSBメモリでした。
     購入当時の価格は忘れてしまいましたが、おそらく5000円くらいはしたと思います。それが今では、同じ金額帯で1GBのUSBメモリが買えてしまいます。驚きですね。

    PicoTurbo2GB
    超高速27MB/sの転送速度を謳うGREENHOUSEのPicoTurbo1GB(GH-UFD1GTB)

     しかも1GBと言えば、CD-R1枚の700MBよりも大容量です。テクノロジーの進歩に隔世の感がありますね。
     これが、PCボンバーで4980円で売っていました。帰り際に見て回ったところ、LAOX THE COMPUTER館でも同じ値段で売っていました。
     実は朝の内に見て回った時、同じシリーズのPicoTurboで容量が倍の2GB版(GH-UFD2GTB)が、T-ZONEで7980円で売っていたのでした。
     1GBで4980円。2GBで7980円。その差3000円・・・と、どちらにしようかとかなり迷ったのでした。最終的に、2GBもいらないだろうとの結論で1GBを買うことに決めたのでした。
     そしてその後、お昼過ぎにT-ZONEへ再度見にいったところ、20個はあったと思われる2GB版(GH-UFD2GTB)は既に完売していたのでした。
     2GB版は買うつもりは無かったのですが、それでもあっという間の完売とは、秋葉原のお客さんの目は肥えてますね。楽しい

    ●本当に安くなった 250GB HDD
     空き容量が残り少なくなってきたディスク容量を補うため、HDDを1台購入しました。
     セカンドマシンでTV録画を行っているため、120GBのHDDがあっという間にいっぱいになってきたのでした。そちらのパソコンに増設しようと思い、以前から購入候補のHDDの情報を集めていました。
     雑誌のレビューなどを総合すると、HITACHIのHDT722525DLAT80という250GBのHDDが、静音性、発熱、などのトータル性能が良いため、この製品の安いお店を探して回りました。
     USBメモリに負けず劣らず、HDDも安くなりましたね。
     なんと、この250GBのHDDは、最安値で9380円(PC-SUCCESS)でした。
     HITACHIはIBMが売却したHDD事業を買収し規模の拡大を目指しています。しかし、HDD事業が270億円の赤字を出しているようです。
     そんな渦中のHITACHI HDD 部門なんですが、性能はピカイチなのに、こんなに安く出して儲けが出てるのか、本当に心配してしまいますね。
     さて、なぜ9006円で購入できたかと言いますと、先ほどの5%割引券を使用したのです。TUKUMO eX.は9480円でしたが、5%引きで9006円になったのでした。楽しい

    HDT722525DLAT80
    破格の9006円の250GB HDD。いい時代になったものです。

     こうして、無事買い出しが終わりました。

     その他に、中古の2500円のDVD±Rドライブや、899円のACアダプタ付きのUSBハブ、など気になる掘り出し物が多々ありましたが、とりあえず、帰宅することにしました。
     実はPC-SUCCESSのお店で以前見かけた3480円のIEEE/USBケースを買おうと思っていたんですが、既に売り切れていました。前回の秋葉原の買い出しの時にまだ売れ残っていたので、あったら買おうと思っていただけに、とても残念でした。
     お買い得な商品は、その時に買っておかないと無くなってしまうのも、秋葉原の買い物の醍醐味ですね。

     ちなみに、iBook用のPC133 SO-DIMM も探しましたが、どこを探しても512MBは高価でした。こちらはインターネットで購入した方が安いことが分かりましたので、買わずに帰ってきました。

     そんなこんなで、いつも秋葉原への買い出しはワクワクしてしまう、そんな一日でした。楽しい

    パソコン

    コメント
    私もUSBメモリの容量が「1GB」や「2GB」をお店で発見して、オドロキました。
    今回、PCオレンジ長尾さんは1GBのUSBメモリを購入したとありますが、そんな容量のデーターを常に持ち歩く必要性ってあるものなのでしょうか?
    私は256MBで十分だと思っているのですが、、、
    今度、機会があれば、このブログに1GBのUSBメモリを携帯する理由・・・使い道でも載せて頂ければ・・・と思います。
    • tomapipi
    • 2006/05/09 4:03 PM
     tomapipiさん、コメントありがとうございます。^^
     USBメモリ(1GB)を携帯する理由ですが、通常の使い方をしている場合は、正直なところ特に目立った良い点というのはありませんね。

     むしろ、大事なデータを大量に入れておいて紛失してしまった時のことを考えると逆にお勧めできないくらいかもしれません。とはいえ、値段を考えたら、これからは1GBが一般的だと思いますよ。大は小を兼ねる、ですね。

     ただ私の仕事柄、お客様のデータをバックアップする際に、外付けHDDを使わなくても1GBのUSBメモリーがあればなんとかなる(場合がある)、という点では大きな利点だと思います。
     先日、iBookに外付けHDD(40GB)を繋げたところ、バスパワーでは供給電力が足りなく動作しなかったため、補助電源用のUSBコネクタを接続しましたが、それでも再起動後にマウントしないといった症状が発生して困った経験がありました。そういった場合、電源を全く必要としない外部メディアとしての大容量USBメモリは便利ですね。
     ノートパソコンでのポータブルHDDの使用は怖いと感じた瞬間でした。

     さて、それ以外で考え付く活用法としては、
    ・CD-Rのイメージファイルを持ち歩く。
    ・ムービーファイルをたくさん入れる。
    ・アプリケーションを入れておく(メーラーなど)
     くらいでしょうか。^^

     CD-Rのイメージファイルを入れたとしても1枚しか入らないわけですから、それほど良い活用法とは言えませんね。イメージファイルと同時にDeamon Tool のインストーラも入れておかないと、イメージファイルをCDに戻せないので大変かもしれませんが。^^

    http://www.daemon-tools.cc/
    ※CD-Rのイメージファイルをマウントするツール。

     メールソフトを入れて活用するというのは、ごく一般的な外部メディアの利用法のひとつです。
     昔はフロッピーで同様の利用方法をしていた人もいると思います。
     外部メディアにメールソフトごと入れて、そのメディアに対して受信メールも全て受けるようにしておきます。そうしておけば、USBメモリだけ持ち歩けばインターネットカフェなどで自分用のメールを受け取ることができる、というわけです。
     一昔前にはプライバシーを守れるということでビジネスマンに良く利用された活用法ですが、現在はかなり衰退しています。

     なぜだか分かりますか?

     それは、ほとんど携帯電話のメールで事足りるようになったからです。
     自分も昔、フロッピーディスクにメールソフトを入れて、会社でそのフロッピーでメールの受け渡しをしたことがあります。その頃には、携帯電話でのメールが日常生活をこれほどまでに侵食するとは思ってもいませんでした。

     それは、なぜだか分かりますか?

     まだポケベルを使っていた時代でしたから^^
     それに、携帯電話に +ATOK も搭載されていませんでしたから、携帯でメールを書くのも面倒くさくてしょうがなかった時代でしたね。

    http://www.atok.com/item/?w=atok_fep
    ※+ATOKの説明が載っています。AI推測変換は偉大です。

     話が逸れましたが、USBメモリ1GBの活用法。何か良いのが見つかったら、書きたいと思います。^^
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック