calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

楽天

amazon

ミニパソコン選びの意外な落とし穴

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ

     現在たくさんのミニパソコンが発売されています。
     本来、NetBookと呼ばれているミニパソコンですが、店頭などではミニパソコンという名称が市民権を得てきているようです。
     最初はこのミニパソコンという呼称に違和感がありましたが、慣れてきました。^^

     もちろん、ミニパソコンと呼ばれているのは、CPU に Atom を搭載し、ULPC版のWindowsXPを搭載したパソコンのことです。

     さて、現在1台購入しようと検討しているんですが、いくつかのポイントがあります。
     様々なサイトで比較検討がされていますが、あんまり言われていないけれど、結構大事なポイントがあります。

     その前にこれらミニパソコンの(一般的な)比較を見てみましょう。

    ・画面サイズ
    ・HDD容量(もしくは、SSD容量)
    ・キーボードの打ちやすさ
    ・Webカメラ搭載かどうか
    ・Bluetooth搭載かどうか
    ・光沢液晶か、非光沢液晶か
    ・バッテリー寿命
    ・本体重量(及び、ACアダプタの重量/サイズ)
    ・デザイン、及び、大きさの違い
    ・価格

     CPUのAtomとチップセットは同じですから、上記の差異によって機種選びの基準にすると思います。
     上記のポイントは微妙な差異なので、100gでも軽いほうがいいとか、デザインが全て!という意見、いまどきBluetooth 付いてなきゃ!とか、バッテリー寿命命!とか、光沢液晶は大嫌い、とかいろいろあると思います。

     こういった情報は、カタログスペックで大体分かります。
     またいろんなレビューでも使用感などが書かれていますから、参考になると思います。

     しかし、私にとってそれ以外に結構大事なポイントがあると思うのです。

     もちろん、先ほどの数々のミニパソコン選びのポイントは大事です。

     しかし私が考える、ミニパソコン選びの(結構気にする)ポイントは 2つです。

    ・無線LANの感度
    ・リカバリーは本体以外で出来るのか?

     この2つって結構大事なポイントではないでしょうか?

    <無線LANの感度>
     これは、メジャーなサイトのレビューではあまり語られていません。
     おそらくレビュー記事では、あまり使い込む時間がないからでしょう。
     しかし、実機を買って使い始めたら無線LANがあまり繋がらない、となると、結構へこむポイントだと思います。

    <リカバリーは本体だけで出来るのか>
     私にとってこれはかなり重要なポイントになります。
     なぜなら、ミニパソコンにLinuxを入れて遊んでみたいですし、Windows7βや、Windows Vista を入れて動作検証などをしてみたいですが、HDDリカバリーだけだと、不自由になるからです。
     HDDリカバリーの場合は、HDD容量もわずかながら犠牲になりますし、Linuxなど他のOSを入れた場合、そのリカバリー領域の扱いがややこしくなるからです。
     場合によっては、リカバリー領域のパーティション設定が変更されてしまう可能性もあり、そうなるとリカバリー自体ができなくなるからです。


    ■ほぼ決まり・・・まで来たが断念した SOTEC DC101WP
     現在、ミニパソコンは円高の影響もありどんどん安くなってきており、ものすごく買い時です。
     もちろん、新機種の発表もそろそろありそうですが、欲しいと思うといても立てもいられません。

     そんな中で、msiWind Netbook U100 Vogue がかなり気になっていていろいろ調べたところ、無線LANの感度に問題がありそうでした。
     内部の mini PCI の無線LANカードを交換している人もたくさんいるようです。

     そうして、ずっと気になっていた SOTEC DC101WP がいいかなぁ、と思いはじめました。
     ほぼこれに決まりか?と思った瞬間もありました。

     しかしよくよく調べてみると、SOTEC DC101WP はHDDリカバリーのみの仕様だったのです。
     現在使っている SOTEC WM353L も結構気に入っていたんですが、これもHDDリカバリーなんですよね。

     というわけで、途方にくれてしまいました。^^

     SOTEC DC101WP がHDDリカバリーであっても、リカバリー領域をDVDなどに書き出すことが出来れば問題ないのですが・・・。
     非常に残念です。
     本当に残念です。

     Bluetoothがないのが残念なポイントですが、バッテリー持ち時間、デザイン、などあらゆる点でかなり購買意欲をそそる機種だけに、HDDリカバリーオンリーな仕様というのは如何ともしがたいところです。

     台湾系の EeePCAspire OneMSI Wind NetBook などは全てリカバリーDVD作成が可能だったり、最初からリカバリーDVDが付いている機種があるのに、日本製の SOTEC だけはそれが出来ません。
     ミニパソコンの仕様上DVDドライブは付いていませんが、それでも台湾系のミニパソコンメーカーはリカバリメディアをつけているわけです。
     SOTEC さんも付けて欲しいなぁ。

     難しいところです・・・。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック