calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

楽天

amazon

Thunderbird 3 公開で、Thunderbird 2 からアップデートしてみる

0
    JUGEMテーマ:パソコン

    tb3アイコン

    ※警告:Thunderbird 3 にアップデートすると、メールパスワードがおかしくなり、メールパスワードだけの再設定が今のところ出来ないようです。自己解決できる自信の無い方は、Thunderbird 3 へのアップデートは今しばらく待ったほうがいいです。

     待望の Thunderbird 3 が公開されました。バージョンは、3.0です。
     一瞬躊躇しましたが、Thunderbird 2 からアップデートしてみることにしました。

     しかし、Thunderbird 2 からのアップデートに関して記載している記事が見当たりません。
     Thunderbird のサポートページにも、アップデートの記事は、1.5→2のものがあるだけで、情報が更新されていないようです。(2009年12月9日現在)

    ナレッジベース: 新しいバージョンにアップグレードしたいのですが

     つまり、どうやってThunderbird 2 から、Thnderbird 3 にアップデートするのかがまったく分かりません。調べてもそれらしき情報も出てきません。
     β(ベータ)が取れて公開が今日なので、試した人もいない?のでしょうか・・・、それとも?

     というわけで「直接インストールすれば、メールデータはそのまま移行されて Thnderbird 3 がインストールされるに違いない。」という見切り発車でインストールすることにしてみました。

     結論だけ言えば、問題なくメールデータは Thunderbird 3 に移行されました。
     ただし、メールデータのインデックス化に非常に時間がかかりました。
     正確な時間は表示されないので放置していましたが、おそらく2〜3時間はかかったと思います。もっとも、私は膨大なメールデータがあるので致し方ないところですが。

     無事アップグレードできましたが、せめてどこかに「Thnderbird 3 をインストールすれば、Thnderbird 2 からそのままメールデータは移行されます」と書いておいて欲しかったところです。ダウンロードページのTOPに書いておいてもいいと思いますが、こんな心配をするのは私だけでしょうか?

     とはいえ、ちょっと困ったことも起こりました。
     それは、使い方の思想の違いによるものですが・・・。
     とりあえず、インストールの手順を見てみましょう。
     困ったことも最後に書きたいと思います。

    ■Thunderbird 3 のインストールセットアップ

     わざわざ載せるほどではないのですが、せっかくキャプチャーしたのでインストール画面を見てみましょう。

    th3インストール1

     普通にインストールが始まります。

    th3インストール2

     標準インストールを選びます。

    th3インストール3

     私はデフォルトのメールクライアントが Thunderbird なので、そのまま進みます。

    th3インストール4

     インストールは数十秒〜数分で終わります。

    th3インストール5

     というわけで、Thunderbird 2 の人に対するメッセージは一切出てきません。
     一抹の不安を覚えますが、「完了」をクリックします。

     最初は画面が一切出てこなかったので心配して、スタートメニューから起動してみましたが、どうやら先ほど書いたように、初回起動にはメールデータのインデックス化があるため時間がかかっていたようです。
     インデックス化が終わった後の2回目からの起動は、瞬時に起動します。

     ちなみに起動時に、アドオンの互換性警告が出て、Thunderbird 3 対応のアドオン更新を確認に行きますが、見つかりませんでした。
     使っているのは、Minimize to Tray なんですが、そのうち Thunderbird 3 版が出るだろうとあまり心配していません。


    ■それではThunderbird 3 で何が困ったか

     さて、Thunderbird 3 に無事アップデートでき、メールデータも全て無事でした。
     しかし、困ったことが出てきました。

     それは、メール管理の思想にも直結する問題です。
     画面を見て下さい。

    tb3画面

     これは、Thunderbird 3 のメイン画面です。(モザイク入れてます)
     既に Thunderbird 2 ではなくなっているため、以前の画面が表示できませんが、ぱっと見て分かった人もいるかもしれませんね。

     つまり、受信トレイがまとめられてしまっているのです。

     上記を見てもお分かりだと思いますが、私はメールアドレスをいくつも持っています。
     個人のものと、会社の info 用、会社の自分用、それ以外にも仕事で必要なメールアドレスもあり、それらにメールが入ってきます。

     最近は個人の人でも、いくつもメールアドレスを取得して利用している人もいると思います。

     少し口頭で説明しづらいのですが、以前の Thnderbird 2 ではローカルフォルダにメールデータをまとめない設定(メールアカウント設定時に選択できる)をすれば、各メールフォルダごとに階層が分かれていました。
     A・B・Cのメールアカウントがあった場合、Aを開くとAの直下に受信メールがあり、そのサブフォルダにメッセージフィルタによって自動仕分けされたメールが各フォルダに移動していました。これは、それぞれBのメールアカウント、Cのメールアカウントも同様で、逆にそれぞれのメールアカウントを開く(右側の「+」)かどうかで表示上折りたたんでおけました。

     つまり、各メールアカウントが独立して存在していたんですが、それがまとめられてしまっています。

     あ!

     などとつらつら書き連ねながら、ちょっと待てよ、と思って「設定変更ガイド」タブを見てみたら、「スマートフォルダ」の設定箇所で設定を戻すことが出来るではありませんか!

    th3スマートフォルダ1

     機能設定ガイドタブにある、スマートフォルダにある「”すべてのフォルダ”モードにする」をクリックすると、元の表示に戻りました。

    th3スマートフォルダ2

     これで一安心です。

     なんだか、右往左往した様をそのまま載せてしまいました。


    ■まとめ

     というわけで、結局は無事 Thunderbird 3 に移行できて安心という内容になりましたね。
     Thunderbird 2 から、Thunderbird 3 へのアップグレードは、Thunderbird 2 がインストールされた状態で、Thunderbird 3 をインストールすれば自動的にメールデータが移行されて thnderbird 3 になることが分かりました。
     そして、メールの階層表示も以前の状態に戻せることも分かりました。

     よかったよかった。

     蛇足ですが、Thunderbird 3 になって、アイコンの封筒が黄身がかった色から白に変わりましたね。

    コメント
    スマートフォルは タブのすぐ下(右側)の左右への▼マークをクリックすれば何時でも瞬時に切り替えられませんか
    • 通りすがり
    • 2010/02/28 3:39 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック