calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

楽天

amazon

NECの「3D立体視対応の20型ボードPC」発売で疑問に思う

0
    JUGEMテーマ:パソコン

    Valuestar_N_VN790

     先ほど、マイコミジャーナルに掲載された記事を見て、ふと疑問に思った。

    NEC、3D立体視対応の20型ボードPC「VALUESTAR N VN790/BS」


     この新しく発売された、NECの「VALUESTAR N VN790/BS」。
     3D視聴対応で、3Dのメガネもついてくる。
     「店頭想定価格は220,000円前後」とのことだから、なかなかのプレミア価格だが、3D立体視が可能になるためには、液晶パネルが120Hz駆動が必要になる。現在のところ市販の3D対応のモニターは数えるほどしかない。(価格はそれほど高くないけれど)
     そういった意味では、22万円というのは、なかなか頑張った価格だと思う。

     上記のニュースでは、CPUがまだ特定されていないが、その辺はおいおい情報が出るだろう。

     しかし、一番疑問に思ったのは、上記記事には、

     グラフィックス機能はIntel HD Graphics(CPU内蔵)

     と書いてあることだ。

     んんんん?

     CPU内蔵のグラフィックス機能はIntel HD Graphics って、3D対応してるのかな?ってこと。
     自分の知識不足なのだろうか・・・。
     グラフィックス機能はIntel HD Graphics(CPU内蔵)という事だから、Core i5 が使われるんだと思うけれど、てっきり3D表示が出来るのは、nVidia のグラフィックボードだけだと思ってました。
     もちろん機能としては、左右の目が別々の画像を見るために、2つの画像を高速に専用メガネと連動して画面表示するだけだから、nVidia のグラフィックボードしか出来ないということは無いんだろうけど、市販の3D対応メガネの情報を見ていると、セット販売のグラフィックボードや、動作推奨されているグラフィックボードが、nVidia 社製のものだけだったので、そう思い込んでいた。

     ふ〜ん、そうなのか。
     Intel HD Graphics(CPU内蔵)で、3D視聴できるのか。

     もう少し、調べてみる必要がありますね。
     この、3D視聴環境については。

     とりあえず、雑感でした。

     ※下の続きに追記しました。(5月28日)
    ■少し調べて分かったこと

     グラフィックボード関係のことは調べてないけれど、どうやら、この NEC「VALUESTAR N VN790/BS」は、「3Dテレビで主流となっているフレームシーケンシャル方式を採用せず、偏光板方式を採用した」そうです。

    【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】 “3Dパソコン”を本気で投入するNEC

     上記の記事に、NECへのインタビューが書かれています。

     どちらにしても、当初の発売目標の半年ほど前倒しで頑張ったようで、日本の企業として頑張って欲しいところです。
     1年もしたら海外メーカーに同じような商品が出てきそうですが、上記記事中の「製品化において、最も苦労したのはどの点ですか。 」という質問に NEC の人が「パネルへの偏光板の張り付け技術の部分です。最適な形で3D映像を再現するには、ピクセルにあわせて偏光板を張り付けていく高い精度の技術が必要です。この技術を持つ企業との協力関係ができたことが大きな成果につながっています。」と答えています。
     こういった技術が日本独自のものであれば、当分は他メーカーも追随できないと思いますが、どうなんでしょうね。

     とにかく頑張って欲しいと思います。
     こういった、とんがった商品には。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック