calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

categories

archives

楽天

amazon

大失敗! LM-M200S 購入記

0
    JUGEMテーマ:パソコン

    LM-M200S

     NTT-X Store で格安で売っていた「LM-M200S」を購入しました。
     このパソコン、発売当時の価格では79,800円もしていたものが、NTT-X Store ではなんと、新品で39,800円でした。かなりの破格値といえます。

     もちろん、その価格には理由があって搭載しているOSが、Window7アップグレードキャンペーン終了後の、Windows Vista Home Premium だからです。

     私が購入した際(2010/5/6)には、数日で完売し、その後再度(2010/5/24頃) NTT-X Store に数台入荷したようですが、先ほど見たら完売してました。
     価格と性能だけを見るとかなり良い出物ではあります。OSを除けば。

     Windows7 アップグレード対象機種でしたが、当然購入時には アップグレード期間を過ぎていて Windows7 にはキャンペーン価格ではアップグレードできません。

     このパソコン、何がすごいかといいますと、
    ・CPUが、Core 2 Duo E7500を搭載
    ・メモリーが、4GBも標準搭載
    ・HDDが、500GB搭載
    ・ドライブが、DVDスーパマルチドライブを搭載
    ・なんと、無線LAN(802.11b/g対応)が標準で内蔵
    ・外部出力が、VGAとHDMIの両方を搭載
    ・eSATAとIEEEまで搭載
    ・コンパクトな筐体で電源が100VACアダプタ
     と、まさに非の打ち所が無いように見えます。

     もちろん、OSがWindows Vista であることが最大のウィークポイントです。

     購入して初期セットアップを行い動作確認をしてみると、やはりCPUパワーと4GBメモリーによって、Windows Vista なれど、かなりサクサク動きます。

     さて、Windows Vista のまま使い続けるために購入したわけではなく、「これはいろいろ遊べそうだな」と思って購入したのでした。

     そもそも、最近ずっと自宅サーバーパソコンを作成しようともくろんでいました。
     FTPサーバー以外に、VPNサーバーにもしてみようと、Atom搭載のACアダプタ電源のベアボーンをいろいろ物色していました。電源がACアダプタのモデルを探していたのは、なるべく電源を食わないものがいいな、と思っていたからです。
     ですから、Windows Vista であっても、それほど問題ないというわけです。

     それでは、何がそんなに「大失敗!」だったのでしょう。
     かなり致命的な欠陥があることに、購入してから気がついたのでした・・・。

     それは・・・。

    Intel Robson Technology Driver って・・・

    0
      JUGEMテーマ:パソコン

       最近仕事の関係上、WindowsXPパソコン、Windows Vista パソコンを Windows7 にアップグレードすることが多い。

       先日、TOSHIBA の Satellite T41 というパソコンをWindows7へアップグレードしていて気がついた。
       Windows7アップグレード後に適用する必要があるモジュール(プログラムやドライバ)に以下のものがあったのだ。

      Intel Robson Technology Driver/Intel Turbo Memory

       これってなんだろうと思って調べてみた。
       聞いたことが無い。

       普通に検索するとある記事がヒットした。

      ■元麻布春男の週刊PCホットライン■
      HDDキャッシュシステム「Robson」のもう1つの効果

       ああ〜これかぁ、と思った。
       そういえば、HDD自体にフラッシュメモリを付加する技術や、マザーボード上にフラッシュメモリを付加する技術が一時盛り上がったなぁ、というかなり昔のお話。
       日付を見ると2006年3月11日になっている。

       ふむふむなるほど。道理で記憶に無いはずだ。
       このHDDにフラッシュメモリを付加するアイデアや、マザーボードにフラッシュメモリを載せるアイデア、また、USBメモリーをTurbo Boost として使うアイデアはその頃少し流行った。
       そして現在の2010年はどうか?
       どれも広まっている技術とはなっていない。
       HDDにフラッシュメモリを搭載するアイデアは、一部製品化したような記憶があるが広く流通してはいない。というかもはや手に入らないと思う。きっとコスト的な問題だろう。
       それよりもHDDのディスクキャッシュが32MBな製品の方が普通に流通している。
       HDDキャッシュが32MBって昔に比べたらかなり大きいよね。
       マザーボードにフラッシュメモリを載せるアイデアも、製品事態は出た記憶があるけど、これも流通していないね。
       Turbo Boost は、広まっているんだか誰も使っていないんだかっていう感じですね。
       デスクトップパソコンならまだしも、ノートパソコンだと、USBメモリ分はみ出ちゃうし。
       一時、SDカードをTurbo Boost に使えないか試したことがあるが、SDカードの速度が遅すぎて意味が無かった。USBメモリだって、普通に流通している製品は、価格は破壊的に安くなったけれど、速度はひどいもので、4GBのUSBメモリに1GB程度のデータを書き込むとすごい待たされるよね。
       中には価格が10倍くらいの速度が速いUSBメモリーや、最近のUSB3.0に対応した速度の速いUSBメモリーが販売され始めたけれど、Turbo Boost として使うには価格が高いよねぇ。

       そもそも、2006年初期に構想されていたような、HDD自体にフラッシュメモリを載せるアイデアや、マザーボードにフラッシュメモリを載せるアイデア、なんかはある製品の出現によって駆逐されたとも言える。
       それはもちろん、SSDだ。
       Solid State Drive っていう、バカ早いHDD。

       2003年頃に少しでもパソコンを早く起動しようというアイデアって、その発想自体は面白くっても、コストなんかのバランスで消えていく技術も少なくない。
       それほどSSDの出現は、なかなかのブレークスルーだったんじゃないかなぁ、と思いますよ。

       そんな中、合間見えた、Windows7用の「Intel Robson Technology Driver」。
       まぁ、後者の「Intel Turbo Memory(ドライバ)」の方が主だと思うけれど、「Robson Technology」っていう名前が残っているのは、なんだか不思議さと悲しさを感じますね。

      Windows Vista から Windows7 アップグレードメモ1

      0
        JUGEMテーマ:パソコン
         
         Windows Vista から Windows7 へのアップグレードする際に知っておくべきことメモです。ほぼ自分メモ。

         ご存知の通り、Windows7 には、メールソフトが付いていません。

         Windows7 をクリーンインストールする際には、メールソフトは選び放題なので、Thunderbird をお勧めするところですが、Windows Vista からのアップグレードは事情が違います。
         そう、Windows メール ですね。

         Outlook Express とかだと、メールデータ移行ソフトなどたくさんあるようで、安心ですが、Windowsメールだと、移行ソフトを探しにくい、かな?
         実際は特に調べてません。

         さて、Windows7 へのアップグレードインストールをするとどうなるか?

         Windows Vista に Windowsメール はありませんし、Windows7 アップグレードインストールをすると、Windowsメール は消えてしまいます。
         そう、Windowsメール は消えてしまいます。
         どこかに隠れているのかもしれませんが、そこら辺も調べてません。

         はっきりしていることは、Windows7 へアップグレードインストールすると、その他のアプリケーションは、Windows7 で使えようが使えまいが残るのに、Windowsメール は跡形も無く消えてしまいます。

         ちょっとびっくりですね。

         そうすると、アップグレードインストールした場合は、どこを探してもメールソフトがありません。
         最初はかなり戸惑います。
         ええ、戸惑いますとも。

         メールらしきアイコンの欠片(かけら)もないです。

         デスクトップに「メールソフトが無い件」についての説明のインターネットショートカットアイコンがあります。
         ちょっと今手元に無いので、機会があればもう少し詳しく載せたいと思います。

         さて、本題です。

         Windows Vista の Windowsメール のメールデータを残しつつ、簡単にメールソフトの移行をするには、Windows7 にアップグレードしてから、Windows Live メール をインターネットからインストールします。
         そこで、最初に Windows Live メール を起動すると、自動的に Windows メール のデータを読み込んで、メールデータ、アドレス帳データを移行してくれます。
         アドレス帳は、Windows Vista で仕組みが変わって、アドレス帳フォルダが出来たのでそちらを参照しに行ってるようです。

         しばらく待つと、メールデータが移行し、スタートメニュー横のショートカットアイコンも現れます。

         なんだか長々と書いてしまいましたが、結論はこうです。

         Windows Vista から、Windows7 にアップグレードインストールしたときには、Windows Live メールをインストールすると、Windowsメール のデータは自動的に移行が完了します。

         ただ・・・、Windows Live メールのメールデータって、Thunderbird に移行できるのかしら、と Thunderbird 好きの自分は不安になります。
         そもそも、自分は、Windows メールも、Windows Live メールも使いませんが・・・。

        CULVノートは絶対売れないと思う理由

        0
          JUGEMテーマ:パソコン

           CULVノートは絶対売れないと思う。いわゆる Atom 搭載のミニパソコンと比べて。

           なぜか?

           重いから。


           各メーカーはもう少しちゃんとマーケティングをしたほうがいいと思う。
           なぜ、Atom搭載のミニパソコンが売れたのか?

           安かったから?

           
          違うよ。

           軽かったからだよ。
           軽くて、おもちゃみたいなんだけど、思ったよりちゃんと使えるから。
           軽さが先。

           CULVノートを買うくらいなら、あと数万円出して、大手メーカーのノートパソコンを買うよ。

           そこらへん、気づかないのが不思議。
           中途半端な安さで1.6kgもあるCULVノートなんて、誰が買うのかな?

           1.6kgの重さを一度でも体感してみれば、普段持ち運べる代物じゃないことが分かる。
           Atom 搭載のミニパソコンは、重さが 1kg 前後だったことこそが、売れた理由だと私は考えます。

           パソコン専門ニュースサイトで、CULVパソコンが取り上げるたびに、そう思うのです。

          PS.
           もちろん、CULVパソコンの重量が 1.2kg を切った辺りからブレークスルーは訪れると思います。1.2kg を切れば、の話ですが。

          Thunderbird 3 公開で、Thunderbird 2 からアップデートしてみる

          0
            JUGEMテーマ:パソコン

            tb3アイコン

            ※警告:Thunderbird 3 にアップデートすると、メールパスワードがおかしくなり、メールパスワードだけの再設定が今のところ出来ないようです。自己解決できる自信の無い方は、Thunderbird 3 へのアップデートは今しばらく待ったほうがいいです。

             待望の Thunderbird 3 が公開されました。バージョンは、3.0です。
             一瞬躊躇しましたが、Thunderbird 2 からアップデートしてみることにしました。

             しかし、Thunderbird 2 からのアップデートに関して記載している記事が見当たりません。
             Thunderbird のサポートページにも、アップデートの記事は、1.5→2のものがあるだけで、情報が更新されていないようです。(2009年12月9日現在)

            ナレッジベース: 新しいバージョンにアップグレードしたいのですが

             つまり、どうやってThunderbird 2 から、Thnderbird 3 にアップデートするのかがまったく分かりません。調べてもそれらしき情報も出てきません。
             β(ベータ)が取れて公開が今日なので、試した人もいない?のでしょうか・・・、それとも?

             というわけで「直接インストールすれば、メールデータはそのまま移行されて Thnderbird 3 がインストールされるに違いない。」という見切り発車でインストールすることにしてみました。

             結論だけ言えば、問題なくメールデータは Thunderbird 3 に移行されました。
             ただし、メールデータのインデックス化に非常に時間がかかりました。
             正確な時間は表示されないので放置していましたが、おそらく2〜3時間はかかったと思います。もっとも、私は膨大なメールデータがあるので致し方ないところですが。

             無事アップグレードできましたが、せめてどこかに「Thnderbird 3 をインストールすれば、Thnderbird 2 からそのままメールデータは移行されます」と書いておいて欲しかったところです。ダウンロードページのTOPに書いておいてもいいと思いますが、こんな心配をするのは私だけでしょうか?

             とはいえ、ちょっと困ったことも起こりました。
             それは、使い方の思想の違いによるものですが・・・。
             とりあえず、インストールの手順を見てみましょう。
             困ったことも最後に書きたいと思います。


            ようやく Thunderbird3 RC1 公開される

            0
              JUGEMテーマ:パソコン

              ThunderbirdLogo

               ようやく、Thunderbird3 RC1 がリリースされました。[プレスリリース]

               IT PRO の記事『Mozilla,次期メール・ソフト「Thunderbird 3」のRC1版を公開』によると、RC1版はβ4に対して、100以上の変更を施したと書いてありますね。大まかな機能は、RC1版と β4版で大きく変わっていないようです。
               2009年9月22日にβ4が公開された際には、正式版は11月中旬頃とうたわれていましたが、全然続報が無いのでやきもきしていましたが、ようやくのRC1です。

               待ちくたびれちゃいました。
               でも、正式版はまだまだ先なんでしょうか・・・。

               今回ようやくRC1版の記事を見かけることが出来て、一応開発は進んでいるのかしら、と少しだけほっとしました。

               あと、最近RC版ってどういう意味かと思っていたんですが、上記のプレスリリースを見て分かりました。
               Release Candidate なんですね。候補者か。
               日本語になじみの無い単語ですねぇ。

               早く出ないかな。Thunderbird3。お待ちしております。

              Virtual PC 2007 のOS保存場所の変更手順

              0
                JUGEMテーマ:パソコン

                VirtualPC ロゴ

                 Microsoft Virtual PC 2007 を気軽にインストールして、そのままあんまり何も考えずにセットアップをして使っていましたが、少々不便なことが出てきました。

                 この Virtual PC 2007 を普通にセットアップを行うと、OSを保存するフォルダがマイドキュメントの中になってしまいます。(もちろんセットアップ中に変更できますが)

                 普通にセットアップを進めると、マイドキュメントの [ My Virtual Machines ] というフォルダが作成され、その中に各OSごとのフォルダが作られます。

                 マイドキュメントといえば、Cドライブが通常ですが、Windows Vista をセットアップし、SP1などを適用、いろんなブラウザなどを入れ始めたら、Cドライブを圧縮し、なんだかパソコン全体の速度にも影響を及ぼしはじめた気がしてきました。
                 何より「状態を保存し、変更を保存する」で保存をした際に、ものすごく(15分以上?)時間がかかります。

                 HDDを増設した機会に、[ My Virtual Machines ] を移動しようと思いましたので、その手順をレポートします。

                ミニパソコン選びの意外な落とし穴

                0
                  JUGEMテーマ:コンピュータ

                   現在たくさんのミニパソコンが発売されています。
                   本来、NetBookと呼ばれているミニパソコンですが、店頭などではミニパソコンという名称が市民権を得てきているようです。
                   最初はこのミニパソコンという呼称に違和感がありましたが、慣れてきました。^^

                   もちろん、ミニパソコンと呼ばれているのは、CPU に Atom を搭載し、ULPC版のWindowsXPを搭載したパソコンのことです。

                   さて、現在1台購入しようと検討しているんですが、いくつかのポイントがあります。
                   様々なサイトで比較検討がされていますが、あんまり言われていないけれど、結構大事なポイントがあります。

                   その前にこれらミニパソコンの(一般的な)比較を見てみましょう。

                  ・画面サイズ
                  ・HDD容量(もしくは、SSD容量)
                  ・キーボードの打ちやすさ
                  ・Webカメラ搭載かどうか
                  ・Bluetooth搭載かどうか
                  ・光沢液晶か、非光沢液晶か
                  ・バッテリー寿命
                  ・本体重量(及び、ACアダプタの重量/サイズ)
                  ・デザイン、及び、大きさの違い
                  ・価格

                   CPUのAtomとチップセットは同じですから、上記の差異によって機種選びの基準にすると思います。
                   上記のポイントは微妙な差異なので、100gでも軽いほうがいいとか、デザインが全て!という意見、いまどきBluetooth 付いてなきゃ!とか、バッテリー寿命命!とか、光沢液晶は大嫌い、とかいろいろあると思います。

                   こういった情報は、カタログスペックで大体分かります。
                   またいろんなレビューでも使用感などが書かれていますから、参考になると思います。

                   しかし、私にとってそれ以外に結構大事なポイントがあると思うのです。


                  ATI のドライバインストールトラブルの所感

                  0
                    JUGEMテーマ:コンピュータ

                    ATICCC起動ロゴ

                     (注)下記の記事内容は当社の自作パーツで確認した症状で、全てに当てはまるわけではありません嬉しい

                     ATIのドライバーに付属する「CatalystControlCenter」を8.6 から最新バージョンの8.11 にアップデートしたところ、起動時にWindowsXPでは有名な「ご不便をおかけして申し訳ありません。」エラーが出て右クリックメニューにあった「Catalyst(TM) Control Center」メニューが消えてしまう現象が起こりました。

                    右クリックCatalystControlCenter
                    これは正常な右クリックメニュー

                    MonitoringProgram
                    <エラーウィンドウのメッセージ>
                    Catalyst Control Center: Monitoring Program
                    問題が発生したため、Catalyst Control Center: Monitoring Program を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
                    作業途中であった場合、その情報は失われた可能性があります。
                    この問題をMicrosoftに報告してください。
                    Catalyst Control Center: Monitoring Program のエラー報告が作成されました。弊社では、この報告を製品の改善に役立てるとともに、匿名の機密情報として扱います。
                    この報告に含まれるデータの参照
                    Microsoftに報告を送信する理由


                    このデータに含まれるデータの参照
                    この報告に含まれるデータの参照のウィンドウ>
                    エラー署名
                    Event Type : clr20r3 P1 : mom.exe P2 : 2.0.0.0 P3 : 469cdcb3
                    P4 : mscorlib P5 : 2.0.0.0 P6 : 461eee3d P7 : ee0 P8 : 7


                     いろいろ試したところ最終的に症状が治ったので、解決に至る流れをこちらに記載しておきます。
                     必ずこれで治るわけでもないので、参考程度で読んでください。

                    Excel:桁数を操作する

                    0
                      JUGEMテーマ:コンピュータ


                      Excelアイコン

                       お久しぶりです。嬉しい

                       最近更新がご無沙汰になってしまい、申しわけありません。

                       本日は、Excel2003であることをしようとしてできず、インターネットで調べ物をしていたところ、非常にためになった情報を1つお知らせしておきたいと思います。

                       内容はやや詳しい人向けなのが申し訳ないところです。ショック

                       今回私がExcel2003上で悩んだのは、以下の手順です。
                      ・縦棒グラフ上の
                      ・データラベルの値で
                      ・数値を表示させる際に
                      ・XXX万円と表示させたい

                       なぜ上記のようにしたいと思ったかといいますと、それは以下のとおり。
                      △グラフ化の対象が1つの合計数値のため、数値ボックスが小さくなってしまう
                       →数値ボックスの形を横長にしたいのにサイズ変更は任意にできない
                      △グラフの参照場所は合計値のため、できれば参照セルはそのままの合計値のセルにしたい。
                       →値をコピーした別セルを1000で割り INT 関数で小数点以下を切り捨て、そのセルを参照してグラフにする手順は避けたい。

                       という具合です。

                       文字だけでは分かりにくいので、画像を見てください。

                      ◆元になるデータ
                      Excelサンプルデータ

                      ◆グラフ
                      Excelグラフ縮小図
                       <拡大図

                       こういった月別、期別推移のなどはよくグラフにすると思いますが、合計値もグラフに表したい場合が難しいところです。月別、期別推移に合計のグラフを入れると、当然ですが最大値が膨大になってしまい、他のグラフとの比較に意味がなくなってしまいます。
                       とはいえ、単体と連結の合計も比較をしたい場合もありますので、合計値を別にしてグラフ化します。

                       実際に2つのグラフを並べてみると、やや問題が起こります。

                       図を見てもらうと分かりますが、通常月データのように数値が5期→6期→7期などと横に続いていくグラフの場合、グラフ数値の [ 246,933円 ] という表示は普通に読み取れます。
                       しかし、合計値のように横に続いていかないグラフの場合は、なぜか、[ 752, ] で折り返してしまい、[ 770 ] [ 円 ] と3行になり、数値のボックスを選択してもフォントサイズや色などを変更できても、左右に引っ張って読みやすくすることができません。
                      ※読めないくらいフォントサイズを小さくすれば1列に表示されますが・・・。

                       「合計値の概算を一目で把握したい」と思っても、2行にまたがる数値は、ぱっと見でいくらなのかが分かりにくい状態になってしまいます。
                       数値ボックスの幅が広げられないのなら、75万円という風に表示がしたい、と考えましたが、意外とやっかいでした。

                       それでは、これを解決していきましょう。

                       [ 難易度:中 ] 嬉しい
                      続きを読む >>

                      << | 2/5PAGES | >>